防犯意識を高めてトラブル知らず|鍵のある生活

鍵やドアノブの防犯対策

ドア

防犯対策においては、玄関や窓などからの侵入を防ぐことが重要な要素になっている。その対策の1つとしてあるのが、鍵交換である。防犯対策としての鍵交換では、ピッキングなどで簡単には開けられない鍵への交換が必要になる。その為の鍵として、今日では様々なものが販売されている。ピッキングなどの被害を受けにくいカギとしては、カード式の鍵であったり、鍵穴の形状が特殊であり、簡単に開錠できないものなどがある。また、複数の鍵を設置すると、侵入者が諦める可能性が高い。侵入者では一定時間で侵入できない場合、侵入を諦めるとされている。その為、複数鍵を設置しておくと時間がかかるとみえ、諦めるケースがある。

鍵交換には、注意すべき点もある。まずは鍵交換の際、適切な作業が行われないと逆効果になる可能性があるという点がある。玄関などのドアについては、最も侵入される可能性が高い場所になっている。そこに設置する鍵の取り付けが中途半端な状態になってしまうと、開けやすくなってしまいリスクを高めてしまう可能性がある。鍵交換では、個人で交換することもできるが慣れない場合、十分な取り付けができない場合もある。その為、信頼できる業者を選定し、確実な取りつけが必要になる。また、交換する鍵の選定も重要になる。鍵によって開けやすいものとそうでないものがある。その為、防犯対策として交換する際には慎重に選ぶといいだろう。住宅環境によって犯罪の発生率は、異なるので、これらを選定の基準に据えるのもいいだろう。